ヘアラインが薄くなっている状態

薄毛の初期症状ではありますが、後退したヘアラインは老いの象徴ともなり、帽子を外せない生活になりがちです。当社のヘアタトゥーは、色素の濃さから、針の強弱等のテクニックを使い、クライアントの毛の色に合った毛根を描くことが出来ます。帽子の要らない生活をエンジョイしませんか?

ヘアラインをヘアタトゥーで復活

ヘアライン及びその周辺

ヘアライン及びその周辺

最近多いのが若年層のクライアントから「フロントラインを下げてほしい」というご依頼。加えてM字の進行している若い方も。発毛・育毛で一番やっかいなものがM字を含めたフロントラインの後退と聞きます。フロントラインのみの施術の場合には密度をやみくもに増やして濃くするというよりも 大小それぞれのドットを主張させてあげるような感じでやらないと全体がのっぺりとした感じに なってしまいその上に位置する実際の髪、毛根とうまくマッチしない恐れがあります。

ヘアタトゥーによる生え際の復活

ヘアライン及びその周辺

ヘアライン及びその周辺

髪の毛の部分は出来るだけ短く刈って出来るだけ点に近い状態にし、そこにドット(黒い点)を入れて行くのがベストです。髪を伸ばすのであれば、ヘアラインは短く、そこから上に行くに従い、徐々に長くしていくヘアースタイルがベストです。

生え際へのヘアタトゥーで自然な仕上がり

ヘアライン及びその周辺

ヘアライン及びその周辺

パッチテスト時の色の定着具合を見つつトリートメントを行います。上のケースと同様、M字の部分は残っている髪の毛とのマッチングが肝なので、施術部分との境目は出来るだけ短くし、そこから自然な感じで徐々に長さを調整していくのが自然な坊主に見せるコツです。