ヘアタトゥーが世界で人気の理由

従来のタトゥーとは別の「専用の器具、針、インク」を用いて毛根の形、色を再現するヘアタトゥー(正式名称:スカルプピグメンテーションという技術)が、ここ数年間でヨーロッパを始めとして世界各国で広がりを見せています。
その人気の理由は、従来の薄毛治療に比べて、以下4つのメリットが享受できることにあると考えられています。

1.医療ヘアタトゥーの4つのメリット

1)施術を受けた直後に薄毛の改善を実感できる。
2)かつらやふりかけと違い他人に見つかる可能性が極めて低い
3)温泉やサウナ、スポーツでの発汗等、あらゆる場面での生活を満喫できる
4)かつらや植毛に比べてコストが低い

1~7の薄毛のタイプ

全頭型・汎発型(発融合型)の円形脱毛症

地図の様に歪に脱毛が進んだ状態での治療の開始でした。残っている自毛と脱毛の部分を自然に見せるため、治療には高度な技術を要します。

植毛傷のカバー

治療中の頭部

完成間近の患者の頭部です。治療を施したばかりの打点が、少し濃く見えますが、時間とともに馴染んでいきます。

スカルプピグメンテーションという技術 - 最先端医療ヘアタトゥー -

上記のようなメリットを享受するには、従来の絵柄を入れるタトゥーの技術では限界がありました。
そこで生まれたのが、スカルプピグメンテーションという名のヘアタトゥーの技術です。この施術には専用の器具やインクが必要となりますが、なにより、この機材を使いこなす施術者の高い技術力が求められます。
つまり、日本国内でこの技術を享受するには、高い技術力を持った施術師の存在が求められるのです。

2.ヨーロッパで生まれた"ヘアタトゥー"が、日本の繊細な技術を纏い、更なる進化を果たす。

"ヘアタトゥーのスーパーテクニックを披露する日本人講師"が登壇するということで、この日、オランダの某所で行われたヘアタトゥー器具メーカが主催したイベントには、立ち見が出るほど多数の来客者が訪れました。 ヨーロッパからではなく東洋から訪れた日本人のテクニックを熱心な眼差しで見入る本場の施術師たち。この姿を見ると、いかにこのヘアタトゥーが現在進行形で進化しており、技術や機材の活かし方に新たな可能性を秘めているかが分かります。つまり、テクニック次第でこのヘアタトゥーが本物にも偽物にも化けるのです。もちろん擬似的な毛根であり偽物なのですが、本物よりも本物っぽい偽物を作り出すことが可能となります。

1~7の薄毛のタイプ

オランダ・アムステルダムでの実演風景。日本人講師

初めて見る打点形成のスピードと正確さに驚く本場の施術師たち

植毛傷のカバー

日本人講師による技術発展講習

日本独自に発展したヘアタトゥーの技術と、その施術方法を披露した。

本場の施術師たちが特に驚いたのは、クライアントへの直接の実演テクニックの披露の時でした。日本人は手先が器用であるという認識は、先入観として最初から存在していましたが、誰よりも早く、正確に、そして絶妙な強弱をつけるその完璧な打点は、見る見るうちに頭皮の面を埋めていき、今まで見たことがない"日本のワザ"として注目を集めました。その光景は、本場ヨーロッパで生まれたヘアタトゥーという技術が、日本の繊細な技術と精神で深みをまし、更なる高みへと進化して帰ってきた(フィードバックされた)瞬間でした。講師を務めた日本人のY氏は、この繊細な技術のルーツは「箸の文化」にあると結論づけています。日本人が毎日使う箸の使い方が、このテクニックには活かされているのだと。

3.日本でも気軽に施術を受けられるようになったヘアタトゥー

この技術は既に日本国内でも受けられるということはご存知でしたか?実は本場ヨーロッパの技術を凌ぐ、日本人の頭髪に合わせたインクと技術による施術が、既に確立しているのです。なぜ、本場を凌ぐのかは、前項の説明の通りです。日本でも世界最先端の技術で、施術が受けられるのです。無料のカウンセリングやパッチテスト、見学等も常時受け付けているので、下記のお問い合せフォームより、お問い合せ下さい。

1~7の薄毛のタイプ

日本のクリニックで気軽に施術が受けられます

育毛や植毛といった成果に時間の掛かる技術とは違い、日帰りで施術でき、インクを打った(注入した)分だけ効果をご実感していただけます。

植毛傷のカバー

後頭部のビフォーアフター

毛根を模した特性インクが頭皮の中に定着して、時間の経過とともに馴染んでいきます。

施術者と患者を日本全国で繋げる環境づくり

優れた技術でも認知度が低いことから、なかなか思うように施術を受けたい患者を全国のクリニックへお運びすることが出来ていないのも事実です。それは、潜在的な需要に対して、供給する側のクリニックの数と技術が不足しているためです。
「医療ヘアタトゥーSPJ(エス・ピー・ジェイ)」では、日本国内で当技術を「導入したい」という医療関係者を募集しております。海外への技術供与も順調です(海外業社向けサイト:神髪)が、日本国内では、専用の器具やインク、針、施術技術の提供を行っております。専属契約で、患者の斡旋も行います。海外での人気を見れば、これからの新技術への投資は、医療業務の幅を広げる大きなチャンスであると考えます。薄毛治療の最先端技術を是非とも、ご導入下さい。

1~7の薄毛のタイプ

薄毛に悩む患者の心のケアに絶大な効果

ヘアタトゥーという見た目改善の成果は、同時に心のケアに大きな効果をもたらします。世界中でこの技術に注目が集まっております。

植毛傷のカバー

ヘアラインのビフォーアフター

繊細な産毛などの多いヘアラインは、最も技術を要する箇所でもあります。打点の強弱やインクの色味、濃さを調整して自然な毛根を作り出します。